NEWS

・2007年4月 ホームページオープン

・2006年9月 日中液晶情報ネット掲載(半導体加熱炉向け耐熱・低発塵の塗料を開発)

 下記に記事をご紹介します。

半導体加熱炉向け耐熱・低発塵の塗料を開発

ヤルカーセラミックス株式会社(大阪府摂津市、三方靖也社長、06・6827・9280)はシリカ、アルミナ粉末と鱗片状鉱物粉末を分散した耐熱性塗料を開発した。
高いクリーン度を要求される半導体加熱炉や、液晶ガラスアニーリング用ローラーハースキルン向け炉材に使う、無機繊維ボードなど多孔質断熱材の表面を強固にカバーし、発塵やマイクロクラックの発生を防いで1000度Cに耐える。
耐熱塗料・低発塵断熱材として特許出願中だ。
同塗料はシリカ、アルミナ粉末に加え、マスコバイトなどの鱗片状鉱物粉末を10重量%以上水ガラスに分散したもの。
これを断熱材に塗布し700―1000度Cで焼成すると、無機繊維ボードの場合、平均粒径50マイクロ―100マイクロメートルに成長した鱗片状鉱物がボード表面に幾重も重なった状態で、耐熱塗料層を形成する。
この鱗片状鉱物が多孔性断熱材の表面をカバーすることで表面強度や耐熱衝撃性を向上。
(日刊工業新聞) - 9月1日8時31分更新