​セラミックファイバーボード

 * Maximum use temperature is dependent on variables such as stresses, both thermal and mechanical,
and the chemical environment that the material experiences.
** Properties expressed parallel to thickness.

​1.セラミックファイバーボードのグレード

1000℃~1800℃まで選択できる 高温断熱ボードです。             
用途に合わせた寸法に切断いたします。

また、様々な形状に加工ができます。

用 途:加熱炉、焼成炉、アニール炉の壁面断熱材

2.切削加工、成形(cut&mill)

フラックスボードは切削加工が良好です。

CADデータを直接CAMに置き換えます。

スピーディで正確に切削加工できます。
現場作業の工数を削減できます。
NCの最大加工ワーク 2200×1100×250
大物形状が1枚物で製作できます。 
※実績最大内径はφ1800

 

用 途:加熱炉、大型焼成炉、アニール炉の断熱材、炉口

​円筒熱版
​切削・すり合わせ加工
φ120切削 繋ぎ合せ加工

フラックスボード同士を特殊接着剤とプレス機で接着接合できます。
プレスする事により均一な張合わせができ、ヒータを同時に埋設する事も可能です。

工場でのプレ加工が現場の作業を軽減いたします。
プレス機最大ワーク1000×2000まで貼合わせ可能です。
接着後の耐熱温度は1000℃

用 途:大型加熱炉、大型焼成炉、大型アニール炉

3.アッセンブリー(aseembly)
4.ファインコート(fine coat) 耐熱900℃

フラックスボードの表面を完全ガラス化、パーティクルの発生がありません。
高温クリーン断熱材として加熱装置に組込み可能です。

用 途:クリーンルーム用電気炉、酸化炉、ガラスアニール炉、拡散炉

フラックスボードの表面を平滑化、断熱材からの発塵がありません。
高温クリーン断熱として加熱装置に組込みできます。

用 途:クリーンルーム用電気炉、酸化炉、ガラスアニール炉

5.パールスコート(pearls coat) 耐熱600℃

セラミックファイバーの成形加工ならヤルカーセラミックス株式会社

当社は、セラミック製品の加工メーカーです。

CADによる設計、CAMによる加工。制御装置の設計から製造、導入・運用迄手がけております。 

〒566-0055 大阪府摂津市新在家1-14-34 TEL:06-6827-9280 FAX:06-6827-9281 E-mail:info@yarcar.com